ゼビオのアウトドア特集:WakuWaku Outdoor

Let's Go Outdoor! 今年は富士山に登ろう。

富士山コースマップ

富士山コースマップ

登山コースアドバイス

登山コース

須走ルート

吉田ルート

富士宮ルート

御殿場ルート

富士登山おすすめコース

富士登山おすすめコース

富士登山おすすめコース

これがあれば万全アイテム

レインウェア 天候は急変します。必ず雨具は持参してください。登山道は森林限界を超えているので、雨具は直接体にあたります。下方から上方へ雨が吹き上げることも多い為、Gore-Texなど防水透湿性に優れている上下セットのものがおすすめです。防寒着にもなります。
アウターレイヤー 天候は急変します。必ず雨具は持参してください。登山道は森林限界を超えているので、雨具は直接体にあたります。下方から上方へ雨が吹き上げることも多い為、Gore-Texなど防水透湿性に優れている上下セットのものがおすすめです。防寒着にもなります。
ダウンジャケット 軽量系ダウン、重ね着のコーディネイトとして、ミドラー+フリース+ダウン+レインジャケット。特にダウンはレインジャケットと併用で効果的。
ミドルレイヤー 肌寒い時は軽くてコンパクトな吸汗速乾機能がついたシャツがおすすめ。日焼け対策にもなります。
ベースレイヤー 吸汗速乾機能の付いたアンダーやカットソーが必要。汗を発散し、汗冷えを防ぐので快適に過ごせます。
サポートタイツ 体力に自信のない方は、登山タイツの筋肉保護機能を活かした登山が可能です。翌日に残る疲労(筋肉痛、関節痛)も軽減できます。
ソックス 吸汗速乾性の高い素材を使用したものがおすすめです。厚手のウール素材がおすすめ。
ボトムス ストレッチ性があり速乾素材を使用したものがおすすめです。ジーパンなどの綿素材は、濡れると重く乾きも悪い為、避けるのが賢明。
フリース 標高により気温が変化する富士山では、軽くて暖かいフリースを用意しましょう。
帽子 紫外線が強烈な富士山では帽子、ハットを必ず着用。風も強いため、ひも付きタイプがおすすめ。
シューズ Gore-Texなど防水透湿素材を使用したものを着用してください。足首の捻挫と砂利の混入を防ぐ為に、ハイカットのものがおすすめです。
ザック 30?40リットルがおすすめ。必ずフィッティングを行い自分の体に合ったものを選んで。
レインスパッツ ズボンと靴の間から雨・小石が入るのを防ぎます。吉田口や富士宮口。砂走りを下る須走口・御殿場口への下山には必需品。
グローブ けがを防ぐためにもストレッチ性に優れたグローブの用意を。雨天時には、防水性に優れたレイングローブの着用を。
ヘッドライト 御来光(日の出)を山頂で拝むには夜間登山をすることになります。夜道の足元を照らす為に、両手が空くヘッドランプがおすすめ。
ザックカバー ザックは完全防水ではありません。雨天時はカバーをかけて、ザック本体の濡れを抑えましょう。
ステッキ 膝や腰の負担を大幅に減らすことが可能です。衝撃吸収タイプもあり。
マルチパーパスシート 携帯に便利で何かと重宝。