ゼビオのアウトドア特集:WakuWaku Outdoor

GOURMET

みんなで外で作る料理は格別。山の景色を楽しみながら美味しいごはんを食べよう!

普段と違った場所で食べるご飯は何倍も美味しく感じる。それが山の中ならなおさら。自然を肌で感じながらアウトドア料理を楽しもう。

みんなで山ごはんを楽しもう!

みんなで山ごはんを楽しもう!画像素晴らしい景色、綺麗な空気の中でみんなで食べるご飯は格別。山の中を歩いて疲れたときに食べる山ごはんは身体中に染み渡ります。
おうちで食べる、カレーやインスタントラーメンだって大自然の中で食べれば美味しさも倍増です。パスタやごはん、デザートなどの料理も作ることができます。
みんなで山ごはん作ってみませんか?

普段使わない器具を使い料理をしてみよう。

普段使わない器具を使い料理をしてみよう。画像山ごはんを作るときには普段使う器具とは別の調理器具が必要。
料理する鍋やお皿代わりになるコッヘル(クッカー)、火を使用する料理やお湯をわかすのに必要なバーナーなどがあり、これらだけでも1kg程度で、コンパクトに収納もできるので荷物がかさばったりせずおすすめ。
人数や料理にあった器具を準備して山ごはんを楽しもう。

コッヘルについて

コッヘルについてコンパクトに収納可能な、アウトドアで使用する鍋のセットのことをいいます。
持ち運びの際には一緒に使用するバーナーを詰められるサイズのものがおすすめです。

バーナーの使い方

バーナーの使い方1.付属しているゴトクをひろげガスにセット。
折りたたまれたガスバーナーのゴトクを広げる。ガスカートリッジのふたをとり、緩みがないようにしっかりと締める。

バーナーの使い方2.火力調整レバーを回そう
ゴトクがしっかりセットされたことを確認し、火力調整レバーを回す。この時、回しすぎないようにする。

バーナーの使い方3.点火
ガスが出ていることを確認し、点火ボタンを押します。これで完了です!

山ごはんを作ってみよう!

山ごはんを作ってみよう!画像ピリ辛だけどクセになる!和風パスタ

作り方

  1. 作り方画像01

    1. 鍋に湯を沸かし、塩を入れてスパゲティーを茹でる。茹であがり2分前くらいに豚肉を入れて一緒に茹でて。水気をきる。

  2. 作り方画像02

    2. フライパンにサラダ油と柚子こしょうを入れて加熱し、香りが出てきたら、1を入れて炒める。

  3. 作り方画像03

    3. ぽん酢を加え、塩で味を調える。食べる時に細ねぎをトッピングする。

Point

豚肉は茹ですぎると硬くなってしまうので、パスタとは時間差で加えてさっと茹でます。
ぽん酢は鍋物だけでなく炒め物や、パスタ、炒飯などの味付けにも使える万能調味料。
塩加減はメーカーによってちがうので、味見をして調節しながら使いましょう。

材料(1人分)

  • スパゲティー 100g
  • 塩 適量
  • 豚小間切れ肉 3枚
  • 柚子こしょう 小さじ1/3〜1/2
  • ぽん酢 大さじ1〜2
  • 塩 少々
  • オリーブ油 小さじ1
  • 細ねぎ(小口切り) 適量