ゼビオのアウトドア特集:WakuWaku Outdoor

防寒だけでは時代遅れ?おしゃれにも手を抜かない秋冬のアウトドアコーデをご紹介!

hinata編集部が行く秋冬のアウトドアファッション取材!防寒性を意識しなければいけない秋冬のアウトドアファッションですが、ファッション性まで意識するのは大変です。そこで、hinata編集部が、スーパースポーツゼビオ ビバモールさいたま新都心店スタッフの高津さんに2017年秋冬おすすめの商品を伺い、hinata編集部おすすめの全身コーディネートをアレンジしてみました!

秋冬のアウトドアファッションをおしゃれに楽しむのは一苦労

例えばキャンプであれば、薪ストーブを使って暖をとったり、澄み渡る星空を鑑賞したりと、寒くなってきたからこその楽しみがある秋冬シーズンになりました!しかし、秋冬シーズンのアウトドアファッションは、防寒性を意識するがゆえに、着太りしてしまったり、地味になってしまったりと、おしゃれに楽しむのは難しいですよね...。

そこで今回、おしゃれにアウトドアを楽しむコツを知るためにhinata編集部がやってきたのは、スーパースポーツゼビオ ビバモールさいたま新都心店!!

キャンプ歴20年以上、アウトドアファッションにも詳しいスタッフ「高津さん」を取材!

hinata編集部に秋冬のアウトドアファッションを教えてくれるのは、アウトドアウェアの販売を担当されている高津さん。

高津さんは、プライベートでもよくアウトドアに出かけるそうで、キャンプ歴はなんと20年以上!アウトドアのファッションにも精通している名スタッフなんです!!

そんな高津さんに、秋冬の服装選びをイチから聞いてみましょう!

まずは、秋冬ファッションの全体像を把握しよう!

ーまず、秋冬のアウトドアファッションは、どんなアイテムを用意すればよいのでしょうか?

秋冬のファッションは、寒さ対策が必要になる分、春夏に比べるとどうしても必要なアイテム数が増えます。春夏ファッションと秋冬のファッションを比較すると、違いは一目瞭然。

春夏は、シャツにロングパンツ、フットウェアと帽子の4種類を用意しておけば十分。インナーや靴下も、普段使いしているもので十分代用可能です。

それに比べて秋冬は、春夏ファッションのラインナップに加え、アウトドア用のアウターやミドルレイヤーのフリース、厚手の靴下なんかも用意しないと、十分な防寒はできません。

特にキモになるのが、アウターとミドルレイヤーの服です。秋冬の山や海などに行くわけですから、保温効果に優れた毛先の長いフリースや、防風性に優れたアウターを選ぶ必要があります。

もちろん、フットウェアと帽子も、春夏と同じものよりも、中綿が入ったダウンシューズや、厚手のニット帽などに変えてあげると、冷えやすい身体の末端までしっかり温めることができますよ!

今季の服装選び、キーワードは「ファッション性」!

ーアウター選びがキモなんですね!それでは秋冬のアウトドアファッション、特にキモとなるアウターの選び方は、どんなところがポイントになるのでしょうか?

今季、特におすすめしたいアウターを6つ用意しました。これらの6つのアウター、実はどれも売れ筋好調のアイテムなんです。そんな売れ筋商品から考えると、今季の秋冬の服装選びのキーワードは、タウンユースとしても十分に使えるような「ファッション性の高いアイテム」といえるかもしれませんね。

「ファッション性」抜群の今季のおすすめウェア6つをご紹介!

オンラインストアで見る

ーアウトドアでの服装選びで、「ファッション性」という言葉がキーワードになるなんて驚きです!

もちろん、大前提として防寒性は必要です。例年、ハイスペックで防寒性に優れたアイテムに人気が集まるのは当然といえば当然ですよね。ただ、ハイスペックなアウターは、アウトドアでの視認性も考慮され、ビビッドなカラーのアイテムが多く、ファッションとして楽しむにはとてもレベルが高かった印象です。

その点、今季のアイテムは、防寒もしっかりするけれども「おしゃれにも手を抜かない」というのが特徴的ですね!この6アイテム、どのアイテムもファッション要素に特徴を持ったアイテムなんですよ。