PAGE TOP

【第2回】スノーボードを楽しむためのブーツ選び

  1. 【第2回】スノーボードを楽しむためのブーツ選び

2018/12/26(水)

ウインタースポーツシーズンも、いよいよ本格化。彩り豊かなスノーボードアイテムは、ゲレンデでも特に目を引きます。しかし、アイテム選びで迷ってしまう方が多いのではないでしょうか?そんなスノーボードアイテムをどのように選べばいいのか、スーパースポーツゼビオで働くスポーツナビゲーターに話を聞いてきました!

今回お話を伺ったのは

  • スーパースポーツゼビオ郡山西ノ内店
    シーズンコーナー担当販売専門職
    ゼビオナビゲーターズネットワーク社員
    (社)日本山岳ガイド協会認定登山ガイドステージII
    中村由起さん

スノーボードアイテム選びは、ブーツから始める!

———

スノーボードのアイテムを購入するとき、どんなことに気を付ければいいのでしょうか?

中村:

一番大切なのはブーツ選びですね!その次に大切なのは板。それらを選んだ後に、ブーツと板をつなぐビンディングを決めるというのが主な流れになります。

———

ブーツ、板、ビンディングという順番なんですね。選ぶ側からすると、最初に目に入るのは板だと思うのですが。

中村:

板を最初に選んでいただいても、それが本人の足に合うかどうか判断できません。まずは足に合ったブーツを選ぶことが先決。ブーツが決まらないと、板もビンディングも決められないんです。逆に言えば、板やビンディングを先に決めても、肝心のブーツにほしい物が見付からないと他店へ探しに行くことになります。他店のスタッフも板やビンディングが分からない状態でブーツを提案するため、全体的なコーディネートがおろそかになりかねないんです。

———

ブーツ選びはそんなに大切なんですね。

中村:

主なスノーボードアイテムのうち、ブーツだけは直接足に触れる物。履きやすいか、動きやすいかが感覚的に分かるため、最初にフィットする物を選ぶことが大切なんです。

ブーツ選びの前に、足の形や大きさを知ろう。

———

ブーツ選びをサポートする際に、何か心掛けていることはありますか?

中村:

普段履いている靴のサイズで選ぶ方が多いんですが、普段の靴が足に合っているとは限りません。特に男性は大きめの物、女性は小さめの物を履く傾向があります。経験上、自分の足の大きさを知らない方が意外に多いです。足の形や大きさは人によって千差万別。そこを確かめないと、足に合ったブーツは選べないんです。

———

ブーツを選ぶ前に、まず足の形や大きさを知ることが必要なんですね。

中村:

はい。スーパースポーツゼビオでは最初にお客様の足の形や大きさを計測し、そのデータを基にして足に合ったブーツをセレクトしています。

———

計測時の流れについても教えてください。

中村:

足の形や大きさを計測するときには、専用のゲージを使っています。お客様にはまず、靴を脱いでゲージに足を乗せていただきます。そこで足長、つまり足の長さを測ります。さらにメジャーを使って足囲、足のまわりの長さを計測。合わせて足の形もチェックします。左右の形やサイズが大きく異なる場合は足の重心も調べ、必要に応じてインソールなどでバランスを調整しています。

———

計測するための機器は、どういった物なのでしょうか?

中村:

前回この企画で紹介した、シューズコーナーの物と同じです。2017年からは足の計測もブーツ選びも1カ所で行えるよう、店内に「ブーツステーション」を設置。自分に合ったスノーボードアイテムが選べるよう、私たちも力を入れてサービスにあたっています!

足の計測もアイテム選びもブーツステーションで!

———

そのブーツステーションについても詳しく教えてください。

中村:

スノーボードやスキーのブーツをはじめ、足を計測する機器、インソールの成形機、ブーツの成形機などがまとめて置かれているコーナーです。2017年から展開され始め、2018年には全国のスーパースポーツゼビオ各店に設置されました。前回紹介されたシューズコーナーもそうなんですが、当社ではとにかく足にこだわったサービスを展開しています。以前はブーツコーナーにベンチが置いてある程度だったんですが「もっとこだわったサービスが可能なのでは?」という意見から、充実を図ることになりました。

———

足を計測して特徴をつかんだ後は、どのようにしてブーツを提案するのでしょうか?

中村:

ブランドやモデルごとに形の特徴があるので、足に合った物を中心にオススメしています。たとえば足の幅が広くて甲が高い方には、ヘッドのブーツを提案。ホールド感を重視する方には、サロモンのジャパンフィットモデルなどを試していただきます。さらにフィット感にこだわる方には、ディーラックスの熱成形可能な物を紹介し、足の形にぴったりの一品に仕上げています。

多少高くても、足に合った物の方が長く使える。

———

ブランドやモデルから選ぶというより、あくまで足に合った物を提案するということなんですね。

中村:

そうなんです!お客様の中には予算に収まらないという方もいらっしゃるんですが、そこはもう「何とかがんばってください!」とお願いしています(笑)。ただほとんどのお客様は、足に合った物だと分かるとそのままご購入されますね。購入せずお帰りになる方もかなりの確率で再来店し、あらためて購入なさいます。他店を回った方であってもブーツステーションでのサービスは印象に残るらしく「やっぱりスーパースポーツゼビオで」と考え直されるようです。

———

予算に合わなくても購入されるんですか!足に合っているという感覚は、それほどまでに強いんですね。

中村:

高価な物は、やっぱりいい物なんです。結果的に長く使い続けられるんですよ。長く使うことでフィット感も増し、快適に滑り続けられるんです。イニシャルコストでなくランニングコストとして考えれば、決して損にはならないと思います。

———

ずっと使えて楽しめるということですね。実際に使ってみたお客様は、どうおっしゃっているんでしょうか?

中村:

ご購入されたお客様には「使ってみた感想を聞かせてください」とお願いしています。お客様によって内容はさまざまですが、ありがたいのは改善点を指摘してくださる場合ですね。たとえば熱成形ブーツの場合、細かく調整していくことでより快適に滑れるようになります。お客様とのコミュニケーションを重ねることで、さらに適したアイテムや充実した環境が提供しやすくなるんです。

板は経験やレベルに合った長さ、形、硬さの物を。

———

ブーツ選びの次は板選びということですが、そのポイントについて教えてください。

中村:

まずは板の長さが大切。ビギナーであれば短め、もっと飛ばしたいという経験者には長めをオススメしています。また滑り方に合わせ、それに適した形の板を選ぶようアドバイス。しっかり曲がりたいという方にはキャンバータイプを、グランドトリックを楽しみたいという方には旋回しやすいロッカータイプを提案しています。ボックスやレールで遊ぶにも、ロッカータイプがオススメですね。

———

長さと形状のほかには、どういった部分がポイントになるのでしょう?

中村:

最後には硬さを選んでいただきます。軟らかい板は旋回しやすく、硬い板はスピードを出しやすいほか、ジャンプにも適しています。板についてはワキシングサービスも行っているんですよ。これはペースト状のワックスを塗布するサービス。これまでは液状の簡易ワックスを塗っていただくか、板を1週間ほどお預かりしてアイロンで溶かすホットワックスを塗っていました。現在のワキシングサービスは30分から1時間程度で塗布できるようになっています。

———

そのくらいの時間なら、店内で待っていられますね。

中村:

ペースト状のワックスを使うことで施工時間が短くなりました。シーズン中は利用者が集中してしまうので、短時間で済むのは大きなメリットだと思います。しかも、塗ってそのまま滑りに行けるんですよ!簡易ワックスだと1日持つかどうかですが、ワキシングサービスの場合は2〜3回滑りに行けるほど持ちますね。

ビンディング選びは、ブーツや板との相性を考えて。

———

ブーツ、板の次はビンディングです。選ぶ際のポイントを教えてください。

中村:

ビンディングは板に合わせて提案しています。硬さや重さを重視し、板に合うアイテムをいくつかピックアップする形ですね。薄くて軽い板に重いビンディングを合わせると、バランスが悪くなってしまいます。軟らかい板には軟らかいビンディングを合わせ、動きやすいコーディネートにするのが大切。板のメリットを最大限生かせるようにビンディングを選んでいます。

———

細かい部分でいろいろと大きな違いがあるんですね。

中村:

このほかスーパースポーツゼビオでは、スタンサーサービスも行っています。これは股関節の可動域に重点を置いて、ブーツとビンディングの配置を決めるサービスです。

たとえば右の股関節の方が動かしやすい方なら、右半身に体重を乗せた方が滑りやすくなります。測定する際は左右の股関節について、開く限界値と閉じる限界値を測定。そこからお客様の体重を左右どちらの半身に乗せた方がいいか判断しています。そのデータを基に重心が取りやすい配置を決め、ビンディングを取り付けるんです。

———

根拠のある数値を基に、幅や角度を決めているんですね。それでは最後に、これからオススメしたいアイテムがあれば教えてください!

中村:

ビギナーならステップチャイルドの3点セットがオススメです!初めての方でも滑りやすいよう、軟らかい板をピックアップしました。ロッカータイプなので旋回しやすく、グランドトリックを楽しむには最適です。

また、ブーツ、板、ビンディングに加え、ケース、デッキパッド、リーシュコードが付いた6点セットもお買い得となっています!

———

多彩なアイテムが目白押しですね。自分に合った物が見付かりそうです!

最寄りのゼビオを探す

NEW MODEL

最新アイテムをいち早く!

SKI NEW MODEL 2018 - 2019
SNOWBOARD NEW MODEL 2018 - 2019