goTop

理想の体を手に入れるためにトレーニングは必須ですよね!
でも、「スポーツジムに行く時間がない、トレーニングが続かない」など、トレーニングを継続的に行うのは意外に難しいですよね!
そんな時は、気軽に家でトレーニング!
腹筋を鍛えるのって大変ですよね。。。そんな時は、腹筋ローラーで気軽にトレーニング!
本格的に腹筋を鍛えるだけでなく、様々な腹筋を鍛えることができ、理想のカラダを目指せます!
そんなエクササイズトレーナーのトレーニング方法を紹介します。

なりたい自分への体づくり
エクササイズローラーでコロコロ腹筋トレーニング!

ゆっくりと前に倒してから、スタートポジションに戻すだけで、 腹筋が鍛えられます。また、膝をつけずに同じ動きをすることで、全身を鍛えることができます。

初心者向け
回数:
膝をついた状態で、1セット6〜10回を3セット。無理のない回数から初めて回数を増やしていきましょう。
効果:
胸の下からへその下に広がる腹直筋
見た目よりきついトレーニングで、はじめは2~3回で限界を感じることが多いですが、筋肉がついて行けば回数ができるようになります。少ない回数でも腹筋に負荷をかけることを意識すれば鍛えられます。 毎日続けるより週に2、3回のトレーニングが効果的です。
一定の休息期間をおいた方が、筋肉の増大効果が期待できます。 筋肉トレーニングを行うと筋肉が破壊され、その後適度に休息することで筋肉は修復し、筋肉が補強されトレーニング前より増加が見られます。 逆に、筋肉の修復を待たずにトレーニングを続けてしまうと、筋肉の破壊だけがくりかえされて、期待どおりの効果が出にくくなります。 トレーニングを続けていくうちに、疲れが溜まってきたり、筋肉の回復が遅くなってしまった場合は1週間くらいの休息をとりましょう。

膝を地面にくっつけ、腰を反らないようヒップを下げたまま、ゆっくりローラーを前に倒しましょう

限界まで前に倒していきましょう

限界まで前に倒したら、スタートポジションまで戻します

※トレーニングの効果には個人差があります。無理のないトレーニングをしましょう。
上級者向け
回数:
膝を付けずに1セット6〜10回を3セット。
効果:
腹筋、背筋
エクササイズローラーを使ったトレーニングでは、腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋といった腹筋のほかに、背筋にもより強い負荷がかかり次の筋肉にも効果があります。

【脊柱起立筋】
背中に広がる9つの筋肉の総称で、姿勢を維持させるのに重要な筋肉。脊柱起立筋が鍛えられることでバランスがとれ美しい姿勢を保つことができます。

【広背筋】
背中にある脇の下、肩甲骨の下辺りから腰にかけて広がる人体でもっとも大きな面積の筋肉で、腕を引く、振るなどの動きに重要な役割があります。広背筋を鍛えることで、姿勢の改善により胸を上向きにしたり、男性の場合は逆三角形の体型を目指すことができます。

【上腕三頭筋】
肩の後ろ側、腕の付け根からひじまで広がる腕の裏側の筋肉。スッキリと引き締まった二の腕を目指すことができます。

【三角筋】
三角筋は肩の筋肉で、腕を動かす際に使われる。男性がここを鍛えると、広くがっちりとした肩幅を目指すことができます。女性の場合はバストアップ効果も期待できます。

膝を地面にくっつけず、お腹をしめて、ゆっくりローラーを前に倒しましょう。

限界まで前に倒していきましょう

限界まで前に倒したら、スタートポジションまで戻します

※トレーニングの効果には個人差があります。無理のないトレーニングをしましょう。
ピックアップアイテム